« 台北ゼミ調査合宿 第2日目 | トップページ

台北ゼミ調査合宿 第3日目

2013年8月 1日 (木)

生活情報学科大友ゼミナール台北調査合宿は、3泊4日とはいえ、最終日は朝4時にホテルをチェックアウト、7時前のフライトで帰国するため、実質3泊3日。そのため3日目の今日が台北最終日となります。

午前中は故宮博物館を見学。11時半から1時なら空いていて穴場とのことでしたが、お昼からはインタビューなので、超コミコミの中、主要な展示だけをさっと確認。紀元前2000年とか3000年の現物をみると、中国の歴史の重みを実感。その頃の日本はまだ原始時代です。

途中、ティナさん(第2日目参照)ご推奨のパイナップルケーキのお店「微熱山丘」(Sunny Hills)でお土産を購入して、インタビューのために西華ホテル(シャーウッド・ホテル)へ。(注:微熱山丘は2013年秋に東京青山に出店予定とのこと。)

エントランスでは、ドイツ人の総支配人アキム・フォン・ヘイク様にお出迎えいただき、そのVIP待遇に感激。西華ホテルは、福山雅治をはじめとする芸能人や政界・財界の大物が定宿にする高級ホテルなのです。

Photo_15

ホテル内の個室で名物のワンタン麺をいただきながら、日本語スタッフの芦塚繭子様(写真向かって左)にインタビュー。芦塚様は30代前半のシングル。学生時代のこと、就職活動のこと、転職経験からホテル勤務の楽しさを再認識するまでのお話は、12月からの就職活動を控える3年生にとっては目から鱗・・・。

Photo_17

卒業後はきちんと就職して、こんな高級ホテルに宿泊できるようになれればなぁ・・・。芦塚様の笑顔に見送られて、台湾日本人会事務局での最後のインタビューへ。

アジアの経済ビジネス情報企業NNAの台湾支社で副総経理(=副社長)を務める和田実香子様は、総経理(=社長)は日本の本社にいるため実質的に台湾支社のトップ。30代半ばにして仕事で重責を担いながら、ご出産も経験されました。2歳児の母でもあります。家事はどうされているのかと思ったら、台北では外食が一般的とか。そうしたライフスタイルが、夫婦共働きを可能にしているようです。

5_1 5_2

予定のインタビューがすべて終わり、あとは打ち上げ。「台北のスカイツリー」台北101展望台に登ろうと、地下鉄とバスを乗り継いで行ってみたところ、順番待ちで2時間はかかるというのであきらめて、とりあえずショッピングモールでお土産を買って、太平洋そごう11階の點水楼へ。

Photo_18

Photo_19

本場の小籠包、あまりの美味しさにペロリ。しかし、翌朝寝過してしまうのではないかという不安から、実はまだまだ気を緩められないのでした・・・。

(追記)

この後は、ほとんど寝ずに荷造りして、ホテルのロビーで仮眠。おかげで誰一人寝過すことなく、無事に帰国できました!

Posted by 生活情報学科

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213871/57948836

この記事へのトラックバック一覧です: 台北ゼミ調査合宿 第3日目:

コメント

コメントを書く