« 『表現文化論Ⅰ』授業紹介 (第5回) | トップページ | 図書館ライブラリサポーターの選書ツアー »

キャンパスで感動的な金環日食を楽しむ

2012年5月21日 (月)

5月21日の朝, 大学のキャンパスで有志の学生・先生・職員の約270名の方々と一緒に, 金環日食を楽しむことができました。朝5:00過ぎには太陽のある方向だけが曇っていて心配でしたが, 肝心の時間帯だけすっかり晴れました。きっと皆さんの普段の行いが良かったのでしょう。

 早い人は朝6時半頃には来ていたようです。この時には既に部分日食が始まっており, 半月からだんだん三日月のような形に変わっていきました。さらに日食が進み, 7:32に本当に金環日食になったのは感動的でした。そのとき, 夕方のようにあたりが薄暗くなったのが良く分かりました。その後徐々に太陽が大きくなって元に戻っていきましたが, この時太陽に雲がかかり始めよく見えなくなりました。

 図書館の近藤さん, そして理科の井口先生が写真を撮ってくださいました。僕のほうでは, 明るさがどう変化するのか知るために, 照度(ルクス)を測ってみました。太陽の変化と明るさの変化を示します。

【明るさの変化】記念ホール前

6:59  2500Lx

7:10  1560

7:20   935

7:30   397

7:35   237(金環日食は7:32~7:37)

7:42   365

7:52   557 以後曇る


Photo_2

2

3

4

       (文 児童教育学科(理科) 津吹 卓)

Posted by 職員

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213871/54766038

この記事へのトラックバック一覧です: キャンパスで感動的な金環日食を楽しむ:

コメント

コメントを書く