« 図書館ライブラリサポーターの選書ツアー | トップページ | 『表現文化論Ⅰ』授業紹介(第8回) »

『表現文化論Ⅰ』授業紹介(第6回)

2012年5月28日 (月)

今日のテーマは日本の伝統芸能「落語」。

講師をお招きしての特別授業です。

まずは仲野基道先生から、

噺の構造や小道具の使い方など、落語に関する基本的な事柄を教えていただきます。

1_2 

落語は1人の人が座ったままで、すべての登場人物・場面を演じ分ける芸能です。

1人で多くの人を演じ分けるために、

上手(かみて)や下手(しもて)に顔の向きを変えて演じます。

そして、いよいよ柳家三三師匠の登場!

三三師匠は実際に手ぬぐいと扇子を使って、さまざまな動きを演じてくださいました。

1枚の手ぬぐいが本や手紙に。

1本の扇子が筆から箸に、箸から刀に。

まるで目の前にそのものがあるかのような、鮮やかな表現力に驚かされます。

仲野先生のお話にあった「上手」「下手」の演じ分けについて、

お芝居と落語を比較しながら説明してくださいました。

お芝居では人物の立ち位置が入れ替わる複雑な動きも、

落語では座ったまま、顔の向きとしぐさで表現します。

最後は三三師匠の落語実演。

演目は「みそまめ」と「道灌」。

三三師匠の張りのある声と豊かな表情に、教室にはたくさんの笑い声が響いていました。

落語の魅力にたっぷり浸れる、有意義な授業となりました。

4

Posted by 表現文化学科

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/213871/54819949

この記事へのトラックバック一覧です: 『表現文化論Ⅰ』授業紹介(第6回):

コメント

コメントを書く